トイレの寿命・交換時期っていつ?

このページにたどり着いた方は、長年使ったトイレの不調や故障、お掃除のしにくさなどでお悩みなのではないでしょうか。

ただ、悩みはするものの、トイレってそう年中取り換えるものでもないので、みんなどれくらいで交換しているものなのか気になりますよね。また、新築の時はトイレを選んだだけで、トイレ自体のリフォームにいくらかかるのか、相場がよくわからないという方もいらっしゃるかと思います。

今回はトイレの事でお悩みの方へ向けて、トイレの寿命や、交換時期などについてまとめてみました。

トイレの寿命は15年~20年

トイレの寿命は平均して15年~20年ほどと言われています。

便器やタンクなどの陶器で出来ている部分は、キレイにしていれば100年でももちますが、タンク内の部品はプラスチックやゴム製が多いため、その部品の経年劣化によりトイレトラブルが発生することがほとんどです。

陶器が100年ももつなら、壊れるたびに部品だけ替えれば、トイレを交換する必要はないのでは?

と思いますが、残念ながらいつまでも部品交換でトイレを使い続けることはできません。

というのもほとんどの製造メーカーは、そのトイレの製造終了から約10年~15年ほどで、部品の製造を終了してしまいます。

トイレを設置してから20年後に部品が壊れた場合、修理に必要な部品が製造されていないため、修理不可となり、交換するしかなくなってしまうんです。

ウォシュレットの寿命は10年~15年

トイレ自体の寿命は15年~20年といいましたが、ウォシュレット(便座)はまた別です。

ウォシュレットはトイレについている電化製品という感覚なので、寿命はトイレよりもう少し短く、約10年~15年程と言われています。

トイレは何ともないんだけど、ウォシュレットの故障やエラーを経験された方も多いのではないでしょうか?早い方ですと、買ってから3年くらいで故障して、ウォシュレットだけ買いなおす方もいらっしゃいますね。

ウォシュレットの交換は業者に依頼することもできますし、自分で取り替えられないこともないです。

レンチなどの工具が必要になりますが、必要な部品はウォシュレットと一緒に同梱されており、取り換え方はカタログに手順が載っています。

今まで使っていたウォシュレットの処分方法は各自治体により異なりますので、自信での交換を検討されている方は、家庭ごみの分別表がネットで調べられるので、お住まいの地域で検索してみて下さいね。

”悩みが増えたら”交換時期

トイレの寿命は約15年~20年といわれていますが、交換時期はトイレの悩みが増えたタイミングをおすすめします。

例えば、お店で聞いていて多いのがこんなお悩みです。

icon-check 黒い輪染みがすぐ発生するようになった

icon-check 汚れが落としづらくなった気がする

icon-check トイレの隙間にすぐホコリがたまる

icon-check 水をいっぱい使っている気がする

icon-check 歳をとってきて、便座の開け閉めや、流すレバー操作が腰にくる

皆さんが今のトイレをつけた時よりトイレもすごく進化していて、このような悩みは大きく解消することができるようになりました。

様々なメーカーが色々なタイプの種類を出しているので「節水型のトイレにしたいけど、価格はなるべく抑えたい」「とにかくトイレ掃除に手間をかけたくない」など、それぞれの悩みに合わせた、最適のトイレを選ぶことができますよ。

壊れたら替えればいいや、は危ない

よくお店にいらっしゃるのが「トイレが壊れた、安ければ何でもいいのですぐに交換してほしい」とお急ぎの方です。

そういう方には少ない時間の中で製品を案内しますが、トイレの悩みが増えてきて交換を検討している方と決定的に違うのが、検討する時間の差です。

今まで検討していた方に対し、急用の方は検討する時間が圧倒的に足りません。

今までトイレを使ってきて、1番の悩みは何なのか?

どの製品の、どのグレードにすることでその悩みが解消されるのか?

10年後、15年後に必要になりそうな機能は?その機能をつけるか?

家族は男性と女性どちらが多い?朝はトイレが混雑する?ウォシュレットは使う?

他にももっとヒアリングしたい事はあります。ヒアリングをしたうえで、ベストな製品を提案させて頂きたいからです。でも急いでる方は、これをまるっとすっとばしがちです。

リフォーム会社は、「リフォームをすることで、10年後・20年後を見据えて、より快適な生活にする」お手伝いをする仕事です。

その為には、お客様の状況をしっかりヒアリングしたうえで、ベストな製品を提案する必要があります。その提案をうけたうえで、しっかり検討して、これ!と思う物を選んで頂きたいんですね。

トイレの寿命は約15年~20年です。急いで取り換えたよく理解していないトイレを、また20年使うって、イヤじゃないですか?

そうならないためにも、壊れていないうちに検討だけでもして頂きたいです。

トイレリフォームの平均価格と時間

トイレのリフォームは、キッチンやお風呂などの他の水廻り製品と比べて、比較的手を出しやすい価格帯なことから、人気のリフォームです。

実際に現場を見てみないとあなたのお宅の場合の価格というのは出しづらいですが、一般的に施工費は下記のような感じになっています。

希望する製品により製品代がかわるため、ここでは施工費のみの表記としています。下記の金額を、希望するトイレの製品代に足すことでおおよその金額が算出できる形になります。

トイレリフォームの平均価格
洋式トイレから洋式トイレへ 35,000円~
和式トイレから洋式トイレへ 200,000円~

※撤去費を含む施工費のみ。製品代は別途。

トイレリフォームの平均施工時間
洋式トイレから洋式トイレへ 3時間~5時間
和式トイレから洋式トイレへ 1日~2日

もう少し掘り下げてまとめた記事がありますので、興味のある方は併せて下記もどうぞ。

まとめ

この記事を振り返ってまとめてみると、こんな感じでした。

icon-check トイレの寿命は約15年~20年
icon-check ウォシュレットの寿命は約10年~15年
icon-check トイレは製造終了後10年程で部品の製造を終了してしまう
icon-check 修理に必要な部品の製造が終わっている場合、交換するしかない
icon-check 壊れたら替えればいいは危険!検討する時間をもとう

トイレリフォームは製品代と施工費を合わせると、最低でも10万円はかかります。

今後の生活の質を左右するうえ、大切なお家に手を加えるわけですから、時間をとってゆっくり検討してみて下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする