ヒートショック対策にベストな「浴室暖房乾燥機」って何?

突然ですが皆様「バス乾(ばすかん)」って何のことだかご存知ですか?

これ実はお風呂場につける「浴室暖房乾燥機(よくしつだんぼうかんそうき)」を簡単に呼んだもので、お風呂場の換気乾燥はもちろんのこと、その他に暖房や涼風などの機能がついている製品になります。

この浴室暖房乾燥機、秋冬に1年分の売り上げを稼ぐと言われているほど、この時期に急激に設置依頼が増えます。

これは夏場のエアコンと同じくらいの需要があるということなんですが、この記事をお読みの皆様の中にも、設置を検討されている方は多いのではないでしょうか?

今回はその需要の理由、浴室暖房乾燥機の機能についてなどについてお話させて頂こうと思うんですが、正式名称で呼ぶと読みづらいので、説明の際はバス乾で統一して呼ぶことにしますね。

浴室暖房乾燥機の需要の理由

なぜ秋冬になって爆発的に設置の依頼が増えるのか?それはこの時期に多いヒートショック対策のためという方が多いです。

お風呂場に入った瞬間のヒヤッと感、苦手な方って多いと思うのですが、あれって想像以上に体に負担をかけている事をご存知でしょうか。

あの瞬間、血管では恐怖の収縮大運動会が開催されており、最悪の場合、血管が破裂し脳出血…ということも大いにあり得ます。

夏場の熱中症対策にエアコンってもう当たり前ですが、バス乾もそれと同じ原理で、冬場のヒートショック対策として導入される方が多く、特に65歳以上の方がいらっしゃるご家庭の導入率が圧倒的に高いです。

自分たちも歳なので…という方もいれば、両親の体が心配で導入してあげたい…というお話もききますよ。

ヒートショックって何?

そもそもヒートショックとは、急激な温度変化によって血圧が大きく変動することで起こる、健康被害(脳出血や心筋梗塞など)の総称です。

上記の図の赤いラインが血圧の上下を示しているのですが、まさに大運動会開催中です。盛り上がってますね。怖いですが、皆さんの体でももれなく開催されています。

ニュースで「熱中症」はよく聞きますが「ヒートショック」ってあまり聞かないですよね。

でも、熱中症と同じくらい身近で危険なもので、特に「ご高齢」「高血圧」「糖尿病」「動脈硬化」など、ご本人またはご家族でお心当たりのある方は、本当に気を付けて頂きたいです。

国民生活センターによると、ヒートショックによる年間の死亡者は交通事故の約4倍(17,000人)というデータが出ており、日常生活における突然死として、入浴中の突然死は全体の10%程度あります。

このヒートショックの防止策としては、入浴の際、暖かい居間などとの温度差を少なくするように浴室内の温度を上げる必要があります。

ここまでのまとめ

icon-check バス乾は秋冬に1年分の売り上げを稼ぐほど需要がある。
icon-check ヒートショックとは急激な温度変化により血圧が大きく変動することで起きる健康被害のこと
icon-check ご高齢・高血圧・糖尿病・動脈硬化などにお心当たりのある方は特に注意
icon-check ヒートショックによる年間の死亡者は交通事故の4倍にあたる
icon-check 日常の突然死として、入浴中の突然死は全体の10%にあたる

浴室暖房乾燥機の機能について

ヒートショックの危険性や、死亡者数の多さ、防止策として温度差を少なくする必要性、についてご案内しましたが、下記でバス乾の何の機能がその対策に繋がるかについてご説明します。

冒頭でも少し触れましたが、バス乾は大きく分けて4つの機能があります。

  • 暖房機能
  • 乾燥機能
  • 涼風機能
  • 換気機能

機能は見たままなのですが、その使用用途について少し掘り下げてみますね。

・暖房機能

お風呂に入る前に暖房を入れておくことで、すばやく浴室内を温めることができます。

これが1番の入浴時のヒートショック対策になりますね。浴室のドアを開けたまま暖房をつけて、脱衣所も一緒に温める方もいらっしゃいます。

また多くの商品は「暖かい風を出す」事を暖房機能としていますが、個人的なオススメとしては浴室暖房に関しては日立さんを推してます。

画像引用:日立製作所

というのも、シャワーや浴槽に浸かったあとの体が濡れている状態のときって、体感としては暖かい風でも、すごく寒く感じてしまうんですね。

そうなると、せっかく暖房の風を送っていても逆に寒いという状況が起こってしまうんです。

しかし日立さんのバス乾は、風の暖房機能の他にグラファイトヒーターで浴室内や体を温めてくれるんです。(グラファイトヒーターはハロゲンヒーターみたいな、こたつの暖かい所みたいなやつです)

画像引用:日立製作所

日立さんのバス乾は、暖房機能といっても2種類にわかれています。

予備暖房 入浴前の使用に。暖房とヒーターの両方で素早く浴室内を暖める機能。
入浴暖房 入浴中の使用に。弱の暖房と、ヒーターで暖める機能。

入浴中はほとんど風を切った状態でグラファイトヒーターを使うことが出来るので、入浴中にヒーターだけつけておけば「暖房をつけてるのに風が寒い」ということもなく、最後までぽかぽかと暖かく過ごせます。弱の暖房といっても、実際はほとんど風を感じません。

他社さんのバス乾が「風が暖かい日」とすると、日立さんのバス乾は「風が暖かいうえに太陽まで出ている日」という感じです。

その際、体感的にどちらが暖かいか?どちらの方が洗濯物が乾きそうか?となったら、迷わず後者をお選びになるのではないでしょうか。

その為、お店だとバス乾は日立さんが1番設置台数が多いですね。

実際に実機で体感するともう本当に衝撃の違いです。

他のメーカーさんのが悪いというわけでは決してありませんが、ただただバス乾については個人的に日立さん独走だなと思ってます。

・乾燥機能

浴室や衣類をカラッと乾燥させてくれる機能です。

  • 温風+換気
  • 送風+換気
  • 送風+換気(+たまに温風)

など、目的や電気代に応じて各メーカーさん様々な乾燥メニューがあります。もちろん日立さんは、温風の他にグラファイトヒーターを使う乾燥コースもあります。

温風で洗濯物を乾かしつつ、湿った空気を換気してくれる機能がもちろん素早く乾きますが、その代わりその他のメニューに比べたら電気代がかかるデメリットがあります。

「洗濯物は基本的にドラム式洗濯機で乾かすから、衣類乾燥は使っても月に2~3回かな?」

「下着類は外に干すには不安だから、洗濯するたびにバス乾を使うかもしれない…」

などなど…ライフスタイルは様々ありますので、電気代の事も考えつつ、あなたの生活にベストな使い方を探してみて下さいね。

・涼風機能

送風と換気機能で、主に夏場の入浴中に利用する機能になります。

* 当社調べ。 [測定条件]室温:35℃ 面積:1坪システムバス 送風、換気時間:約5分

画像引用:日立製作所

体が濡れている状態だと普通の風でも十分涼しいので、基本的に冷房機能はついていません。

もわっとした空気を逃がしつつ風を送ってくれるので、シャワーを浴びてても体感温度が上がりにくいため、夏場のお風呂にはピッタリの機能ですね。

入浴後、入浴中などに作動させることで、誰かが入った後のもわっとした浴室内や、シャワーを浴びている最中の蒸し蒸しとさよならできます。

・換気機能

24時間換気機能で浴室内のカビ対策にピッタリの機能です。

乾燥と換気って役割が同じように見えるんですが、

乾燥 送風+換気
換気 換気のみ

という違いがあります。もちろん送風+換気の方が乾燥には適しますが、その分電気代は高くなってきます。

お使いのバス乾のV数や、浴室の坪数、材質などにもよりますが、乾燥より電気代の少ない「換気」で24時間回していれば、翌日には浴室は十分カラッとしますよ。

お風呂のカビの原因「湿気」の対策にお風呂からあがったら24時間換気を押すのがオススメです。

それと「水がかかったら壊れない?」というご心配があると思うんですが、きちんとした防水構造になっているので、入浴中に使用しても全然問題ありません。ほとんどの製品が水深1mに30分浸しても大丈夫、という規格に適合しています。

入浴中も使えるように、防水のミニリモコンも一緒について来るものが多いです。

ここまでのまとめ

icon-check バス乾の機能は暖房・乾燥・涼風・換気が一般的
icon-check 体が濡れている時は暖かい風でも冷たく感じてしまう
icon-check 入浴中の暖房においてはグラファイトヒーター搭載の日立がおすすめ
icon-check 涼風には冷たい風が出る冷房機能はついていないがそれで充分

どうやって設置するの?

浴室暖房乾燥機には大きく分けて2種類あります。それは「壁掛け型」と「天井埋め込み型」

基本的には今ご自宅のお風呂場についている換気扇を外し、そこにバス乾をつける形になります。今まで換気のために使っていた通気口を再利用するという形です。

そのため、今の換気扇が壁についてるなら「壁掛け型」天井についているなら「天井埋め込み型」を設置することになりますね。

「今の換気扇は壁についてるけど、新しく天井につけたい」

そういったご要望にもお応えできますが、換気するための風の通り道を新しく天井に作ることになるので、工事をお願いした際の施工費はけっこう高くなっちゃいますね。

バス乾にも換気機能はついているため、既存の換気扇を残すメリットはあまりないと個人的には思います。

お風呂がごちゃっとするし、施工費も高くなるので、それならまるっとすっきりバス乾に変えてしまう方がおすすめですね。

うちに設置したらどんな感じになるか?知りたい方は、メーカーさんのカタログに実際の製品の大きさが印刷された紙がだいたい入っているので、その紙を換気扇のとこにあてがってみるとイメージが沸くかと思います。

必ずしも希望の商品が、希望の場所に設置できるとは限らない

また、バス乾も必ずつけられるというわけではなく、既存の通気口の穴のサイズや取付位置によっては、ご希望の場所につけられない場合もあります。つけられるとしても、別の位置に通気口を作る必要があったり、通気口を広げる工事が必要になったりします。そうなると、標準の取付工事以外にそういった工事の施工費がプラスされます。

うちの換気扇、浴室の角のすぐそばにあるけど、そこに付けられるのかな…
プロペラの換気扇、見る限りだと通気口が狭そうだけど、標準工事で取付できるのかな…

そういった工事が我が家の構造でも必要なのか?そこはリフォーム会社に見積もりを依頼すると、専門の営業さんが採寸して隅々まで調べてくれます。

どのみち工事は自分では出来ないものになりますので、設置を検討されている方はリフォーム会社に問い合わせてみましょう。

その際は必ず、見積もり無料をうたっている会社を選ぶようにして下さいね。

ネットから無料で一括で相見積もりをとれるサイトもあるので、検討されている方は一度相談してみてもよいかもしれません。

【完全無料】浴室暖房乾燥機の相見積もりはこちらから

まとめ

冬の事故で意外と多いヒートショック。その防止策としてバス乾(浴室暖房乾燥機)をご紹介させて頂きましたがいかがでしたでしょうか?大きくまとめると下記の通りとなります。

  • ヒートショックの死亡事故は交通事故の約4倍入浴中の突然死は全体の10%
  • ヒートショック対策のためには、暖かい居間などとの温度差をなくすことが1番
  • 対策としてバス乾の導入、使用が効果大
  • バス乾の機能は大きく分けて「暖房」「乾燥」「涼風」「換気」の4つ
  • 場合により、希望の商品が希望の場所に付けられない可能性も有り

日立さんの回し者と思われてもおかしくない文面でしたが、他の製品ではそれぞれ別の推しメーカーさんが存在しますので、それはまた別の記事でご紹介できたらいいなと思います!